天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぐぁんじえ日記・最終章

天津赴任が決まったのは 姫がまだお腹に居た頃。
7ヶ月でした。
妊婦友達と一緒に温泉に行く途中の車中。

「もしもし?オレ。天津に赴任が決まったから」

何の相談も無く、勝手に赴任を決めてしまった主人に腹は立ったものの
もともとアジア好きな私だったし、海外赴任が決まったら絶対に一緒に行くからね
なんて話し合っていたので、天津ってあの天津飯の天津?
ふぅーん。聞いた事も無いような地名の赴任じゃなくって良かった~なんて思ったっけ。

私は海外赴任があれば、絶対に帯同派。
帯同が許されない地域以外だったら絶対に一緒に付いて行こうと思っていました。
だって、家族なんだもの。

その夜の夕食は、餃子とマーボー豆腐で天津赴任決定祝いをしたっけ。
本来だったら半年後に赴任予定でしたが、SARSが勃発。
急遽1年延期がきまりました。

その後、無事姫を出産。
親子3人での暮らしが始まり慣れかかった頃、主人の赴任日が決定。
3月28日。

出発当日は、出来立てほやほやの中部国際空港へ主人を見送りに。
行ったこともない天津は未知の場所。
どんなところかも分からない場所。
主人を一人送り出すのが心配で
初めての別居生活に自分自身も心配で涙が止まりませんでした。
飛行機で3時間弱の距離なのにね。

姫の1歳のお誕生日は主人抜きの2人でのお祝いになりました。
それから私達が渡航するまでの3ヶ月間は、天津についでの情報収集に明け暮れました。
天津自体有名な所ではないので、情報自体少なくなかなか難しい作業だったな。

今では私も含め、ブログをやっていらっしゃる方も大勢いらっしゃいますが
その頃はブログ自体まだまだマイナーな感じで
やっと見つけたブロガーさんにコメントを書き入れて、返信を頂き、
その方のご紹介で 日本人会の婦人部の掲示板の存在を知り(今はありません)
掲示板を通じ、私の天津の師匠とも呼ぶべき 隊長 と知り合うことができました。

隊長からは使用する洗剤の種類から、オムツに関してまで。
ありとあらゆる情報を教えていただき、また天津の街についても詳しく教えていただけたので
私の天津生活は好スタートを切ることができました。
右も左も分からない海外生活で、ネット上とは言え知り合いが出来たという事は
私にとって、とても心強かったです。

天津に旅立つ日は実家の両親・姉夫婦が見送りに着てくれました。
皆、涙・涙・涙・・・。
飛行機で3時間の距離ですが、気分的には今生の別れ・・・。
これが先進国への赴任だったらまた、違っていたでしょう。

飛行機の中では、これから始まる新しい生活に不安はあった物の
見たことも無いお友達に会える期待、そして
3ヶ月ぶりに会う主人の事ばかり考えていました。


初めて降りた天津の地は・・・。
正直、良い印象ではありませんでした。
空港は薄暗いし、なんだか薄汚れていたし、空もグレーだし・・・。

あぁ、この地で4年間過ごすのかぁ・・・。
本当にやっていけるのか・・・。
そんなネガティブな事ばかり考えていましたが、
久し振りに見た忙しそうな主人の顔を見て安心しました。
だって、やつれても無ければ日本に居たままだったんですもの。笑

空港から車でマンションまで移動する間はずーっと外ばかり見ていました。
ザッ、中国 的な風景が延々と続いて、あー、ここは日本じゃないな。
水上公園東路の道沿いで養蜂をしていたのが印象的でした。

その日のうちに、隊長が電話をくれたっけ。
それから、私の天津生活が始まりました。


1年目は姫が小さかったので中国語を勉強する時間も無く
同じくらいに赴任された奥様がどんどん中国語をマスターされていたので
何も喋れない私は、とても焦りました。
小さい子供が居るから、なかなか時間が取れないとはいえ
置いてけぼりにされてしまうような焦燥感と、
言いたい事が言えないストレスに爆発寸前の事も沢山あったっけ。
身振り手振りでの会話にも辛抱強く付き合ってくれた天津の人達。
そしてフォローをしてくれたお友達に支えられて、あっという間に一年が過ぎてしまいました。

1年の間にも帰任される方もいらっしゃり、辛い別れが何度もありました。
赴任生活では人と人との関係が密になります。
ましてや、田舎で日本人の数もまだまだ少なかった天津。
お友達に支えられて暮らしていた私。
仲良しのお友達との別れは身を切られるように辛かったです。


2年目に突入した頃には、姫も幼稚園へ通いだし
私も語学学校に行き始めたので、ようやく中国語で会話が出来るようになりました。
その頃、日本人太太でブームになっていたのが、昔の、曙光里市場。
凄く分かりづらくて、汚い場所だったのですが、
時間があればそこへ掘り出し物を探しに行ってたっけ。
それに、それくらいしか娯楽はなかったしね。
半年に一度タクシーをチャーターして北京へお出かけするのは
私にとって最高の贅沢でした。

また、反日感情が高まった年でもありました。
幸い、天津は親日家が多い街だったので身の危険を感じるような事は一度もありませんでしたが
それでも、自国の首相の事を悪く言う人が居たり、南京事件の事を持ち出したりする人も居て
日本人として、この国に住むという事を深く考えさせられた一年でもありました。


3年目では、小姫を妊娠。
ちょうど中弛みの時期だったので、私にとっても良い刺激になりました。
ただし、初期はつわりがひどかったので折角通っていた師範大学も
行けなくなり、結局中級止まり。

学校も止め時間的に余裕が出来たこともあり習い事を始めました。
中国茶とミニチュアクレイクラフト。
特にミニチュアとの出会いは衝撃的でした。
ミニチュアを作りながらのお喋りは何物にも変え難い貴重な時間だったし
何より、作るのが本当に楽しかった。
結局、先生の本帰国の都合もあり最後まで作りきることは出来ませんでしたが
日本に戻っても、時間を作ってインストラクターの資格を取りたいと思います。


4年目は家族が4人に増えました。
4月1日予定日だった小姫。2月の春節の時に出産帰国をしました。
約半年間、家族が別々に暮らすことになるのに不安にならない人はいないよね。
そんな訳で、日本での生活を知ってもらうためにブログを始めました。
結局主人はあまり見ていなかったので意味は無かったんだけど・・・。笑
それでも、ブログを通じてお友達になれた方も沢山いたし
UPすれば、なにかしら反応があるブログにハマッテしまいました。

小姫が3ヶ月の時に天津に戻ったのですが、3ヶ月の小姫を連れて戻ってくるのは
やっぱり不安でした。
それでも、日本とはまた違った意味でこちらでの子育てはし易く
特に、アイさんのサポートが本当に心強かったです。
1代目アイは天津に来てからずっとお願いしていた方で
私にとっても、姫にも小姫にも天津のおばぁちゃん的存在でした。
ただし、彼女のご主人が出稼ぎをしていたスペインにある日突然行ってしまう・・・
という衝撃的な別れ方でしたが・・・笑
2代目アイもとても気の付く方で、アイには恵まれていたと思います。


5年目は 太陽ママ が天津にやってきました。
ポケットサークルにも完全復活。
夏には第1回、ナイトポケットの幹事もさせていただきました。
急激にお友達の輪が広がった1年でした。

また、オリンピックに向けて中国が激変した年でした。
スーパーの買物袋の有料化。朝・晩の屋台の激減。
赤い夏利からスタイリッシュなタクシーへ。
窓から見える景色には、必ず建設中のビルが5・6件は見えたっけ。
1年前は更地だった所にあっと言う間にビルが建っていました。
オリンピックに向け、急激に文明化を推し進めようとする政府と
それに対応できない市民のギャップをよく感じました。
ただし、政府が国の威信を掛けた北京オリンピックは大成功。
私達家族も、オリンピックを開催国で迎えるという貴重な体験をする事ができました。
お陰さまで、小姫は中国国旗を見ると「加油」と言うようになっちゃいました。笑



・・・振り返ってみると、やっぱり5年って長いですね。
あっという間に終わってしまったように感じる天津生活ですが
本当にいろいろな事があったな。

天津赴任が無かったら、きっと日本で平凡な暮らしをしていたでしょう。
ブログも始めなかった。
天津に来たからこその出会いも沢山あり、
生涯を通じてお付き合いできると思えるお友達も出来ました。

来るまでは不安で一杯だった天津生活も、
終わってしまえば結果オーライ!
オーライ!どころか 
すこぶるHAPPY!! 

本当に楽しい、充実した5年間でした。


5年間、私を支えてくれたお友達。
本当に本当にありがとう。
5年間、生活をサポートしてくれたアイさんたち。
本当に本当にありがとう。
5年間、大きな病気もせずに育ってくれた姫と小姫。
本当に本当にありがとう。
5年間、家族を、私を支えつつ仕事も頑張ってくれた旦那様。
天津で生活するチャンスをくれて
私の人生を豊かなものにしてくれて
新たなお友達に出会えるチャンスをくれて
お買物をさせてくれて 笑
本当に本当にありがとう。


今日、私達は日本へ帰ります。
願わくば、天津に住んでいらっしゃる皆さんの海外生活が
実り豊かな、素敵な物となりますように!!


天津ぐぁんじえ日記もこれが最後となります。
つたないブログでしたが、お付き合いくださった皆様。
本当にありがとうございました。


また、ネットの世界で・・・お会いできるといいですね!




スポンサーサイト

PageTop

いろいろな別れ

画像 005
画像 006
画像 009
画像 010
画像 012

あと1日です。

皆ありがとう!

PageTop

お誕生日会と送別会

週末は仲良し家族計8家族でお誕生会&送別会をしていただきました。

お誕生日の主役は 太陽ママ!
まだまだ20代(後半)です。

送別会の主役はポン酢一家。
皆さん、貴重な週末のお昼から夜までお付き合いくださってありがとうございました。

画像 001
太陽ママのお誕生日
お店は、私達が初めて一緒に食事をした思い出の場所です。
みんなでバースディソングを歌って、ケーキは速攻子供達のお腹の中へ・・・。笑
お昼11時半からスタートしたのですが・・・

超・高級白酒 五狼液 まで振舞っていただき・・・
お昼からハイテンション!
11時半スタートで夜7時解散でした。

画像 002
荒業その1

画像 003


画像 004
ポン酢withイケメンパパ集団 右から順に Mパパ・Kパパ・Tパパ

みんな妻帯者なのが恨めしい~
って奥さんそばに居ますから!

画像 005
ダンディーSパパと夢の2ショット
このお写真、一生大事にいたします~

画像 006
親友太陽ママファミリー


画像 007
太陽夫婦とポン酢夫婦

美味しいお食事の後は、カラオケへ!

みんなで歌って踊って?
最高~でした!
この皆の笑顔で分かるよね?

画像 008
子供に大人気 Kパパ 
小姫もKパパの広い胸で熟睡させていただきました

画像 009
酔っ払いポン酢と主人

画像 010
UFO! 完璧な振り付け Kちゃん
さすが!決まってます!!

画像 011
仲良し さらひめ夫婦
マイクの持ち方まで一緒だよ~~


画像 012
最後は夫婦の枠を超えて ハグ ハグ ハグ


最高の週末でした。

太陽ママお誕生日おめでとう!

そして皆さんお付き合いいただきましてありがとうございました!
ご主人様も、奥さんを通じてこんな風に仲良くなれてよかったよね!?

次回は日本で お待ちしております。
えーっと、その時は各自飲み物持参にてお願いします~~!笑

あー、楽しかった。
肝臓・・・持つかしら・・・?笑

PageTop

百聞は一見にしかず

先日、主人の職場のスタッフの方が送別会を開いてくださいました。

家族である私達もご一緒に・・・と誘っていただいたのが
ボーリング場。

ボーリングなんて10年振り?

画像 001
3ゲーム楽しんでその後は夕食会

画像 002
まるで結婚式会場のような個室

画像 003
カラオケも出来るよ♪

画像 004
小ぶりだけど味が濃いかにさん。美味しかった・・・!!


主人は会社の事はあまり喋りません。
私も聞いても分からない事もあり、仕事の事に関しては無関心でした。
なので、この5年間彼がどのように仕事をしていたのかは全く分かりませんでした。

画像 005

画像 008

画像 007

画像 009


・・・けれど、今回の送別会で
会社の事は多く語らない主人でしたが
彼がどんな風にスタッフと仕事をしていたか。
スタッフの方達がどんな風に主人の事を思っていてくれたか。
少しだけですが理解できたように思います。
私も(何もしていませんが)5年間、くっついてきた甲斐がありました。


皆さん、主人の為に素敵な送別会を、ありがとうございました。


画像 010

PageTop

ズバリ!

皆さん100箱越え予想ですね。
☆ゆげ☆さん以外・・・。笑

まぁ、あれだけ買い物していたら当然?


気になる結果は・・・


















ズバリ! 89 箱 でした。



あららら?以外でしょ?
当人も意外な結果でしたもの。笑

勝因は 自分で梱包&箱詰め !

お友達から、どうでも良い食器(安価な食器)は自分で梱包したほうが良いとの
アドバイスを頂いていたのですが、これが大正解!

業者さんは本当に丁寧に梱包してくださるので
1枚のお皿でも梱包後は5枚分くらいの大きさになります。

自分で梱包したら(今回はエアーキャップを使用)
1・5倍程度で済みますからね。


そんな訳で、皆様の期待を裏切る結果になっちゃって・・・

ゴメンナサイ!笑

残念!Bingoの方はいらっしゃいませんでした~。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。