天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マレーシア旅行2日目

2日目

朝10時のフライトにもかかわらず、旅行会社がサービスで出してくれるというバスのピックアップタイムが朝6時。

朝6時!?

空港まで1時間かかるとして(国慶節で渋滞することも考えて)それでもチェック・インまでに3時間。
チェック・インまでに(国慶節で込んでいることも考えて)1時間かかるとして・・・ボーディングまでに1時間30分もある!?

なにか変だなぁ~?とは思ったものの、
「そうなれば、免税店でゆっくりお買い物も出来るし、姫を空港内のプレイルームで遊ばしておけば遊びつかれて、飛行機の中で眠ってくれるかもね・・・」
なんて思っていたので、深く追求はしませんでした。
それに、無料だしね♪
が、それが間違い。

そのバスが曲者で、市内のマンションやホテルをくまなく周り市内を出発したのが7時30分。
私達は一番最初にピック・アップされたので、その間延々とバスに座らされ、疲労は溜まるばかり・・・。

あぁ、こんな事なら自分達でタクシーで行けばよかったな・・・。


無料ほど怖いものはない。

空港に着いたのが8時30分過ぎ。
急いでドラゴン航空のカウンターに行きチェック・イン!

やはり国慶節。
大型連休の初日だったので空港内はかなり混雑して、出国手続きを終えたのが9時20分過ぎ。
免税店ショッピングを楽しむ間もなく・・・搭乗口へ!
それでも、なかなか搭乗アナウンスがなく便名も表示されないの???だと思ったら、搭乗口が急遽変更!

あたふたと荷物を抱え変更になった搭乗口へ。
ボーディングが始まる5分前でようやく落ち着けました。
急ぎ、小姫のオムツ交換と姫のおトイレを済ませ、飛行機へ。
結局、飛行機は20分遅れで一路香港へ。

席は2席、1席に別れてしまったもののバシネットを予約していたので無理も言えず。
お隣さんは10ヶ月の赤ちゃんを連れた素敵な中国人のご夫婦だったのでお互いの赤ちゃんを褒めあったり、子育ての悩みを聞いたり(一応2児の母ですからっ!)しながら、途中お互いの赤ちゃんが泣いたり、大変だったもののおおむねいい雰囲気でした。

心配だった小姫は、離着陸の時にはおっぱいを飲ませながら(ちょっと恥ずかしいけど、背に腹は変えられませんもんね・・・)乗り切りました。
しかし、バシネットの真後ろにトイレがあったので眠ったと思ってバシネットに寝かせたと思ったら、トイレのドアがバタン!ロックがカチンッ!と大きな音を立てるのでその都度、小姫は起きてしまい結局殆ど眠らせてあげられませんでした。
20071009123053.jpg
うるさくて眠れなかったんだよね~

20071009123422.jpg
でも、知らない人に抱っこしてもらったり可愛がってもらったのよね~


姫も機内食のキッズ・ミールがパスタだったこともありまぁまぁ食べてくれて一安心。
その後、姫朝早く出発したせいもあり熟睡・・・。
20071009122912.jpg


因みに主人も熟睡・・・。
人の苦労も知らずにぃ~!


ドラゴン航空はデザートにハーゲンダッツのアイスが出るらしい!
と、事前に聞いていたのでワクワクしながら乗ったのですが・・・

出ました~。

私はストロベリー、主人はチョコレート、姫はコーヒー
中国では異様に高いハーゲンダッツ。
姫は熟睡していたので、起こすのも可愛そうで・・・
姫の分のアイスも頂き~

幸せ・・・。

小姫を片手に抱きながらの食事だったのでメニューが何かだったかは覚えていませんが、ハーゲンダッツの事だけは鮮明に覚えています。


香港でトランジット。
乗り継ぎまでに2時間あったのですが、香港国際空港は広い!
広~~い、んです。
しかも、キレイ!

ここは本当に中国か!?
と、思ってしまうくらい綺麗で、職員もなんとなくヨーロッパナイズ!?と、言うのか?されてモチロン英語もペラペラ。
全体的に洗練されています。

香港からコタ・キナバル行きの飛行機は現地の天候不良で1時間遅れになったのですが、ちゃんとミール・クーポンが出たのです。
子供の分も含めて3人分。
ミネラルウォーターも配られました。

ドラゴン航空やります!
いいサービスです。さすがです。

以前、九寨溝へ旅行した時利用したのはCAでしたが、機体の整備不良が理由だったのに
水もなければ、クーポンもなく挙句の果てに
「もう一回飛行機を飛ばして欲しいんだったらその分金を払え!」
と、言われました。

中国は一言で言い尽くせない~。奥が深いのですねぇ。

香港にはディズニーランドがあるので、姫のぐずり防止にディズニーショップでおもちゃを1つだけ購入。
シンデレラのボタンを押すとくるくる回ってライトが光るおもちゃを買い与えたのですが、大成功。
あまり文句も言わず(諦めてた!?)飛行機に乗ってくれました。

1時間遅れたものの無事コタ・キナバルへ。
香港行きの飛行機で隣に乗り合わせた家族も同じだったので嬉しい再開をしてから、空港内で両替を済まし、バンでホテルへ。

夜とは言え、マレーシアはまさしく南国。
飛行機を降りたとたんねっとりとまとわりつく空気。
流れ出る汗。
姫は半袖に着替えさせて、小姫はロンパースを着替えさせて・・・。

疲労もピークに達していたので一刻も早く、ホテルに着いてぇー!
と、祈る気持ちでホテルまで移動しました。





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。