天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マレーシア旅行5日目

5日目

豪華な朝食ビュッフェも3回目ともなるとありがたみがうせてきます。
このホテル、西洋人の利用客が多いせいか洋食は非常に充実しているのですが、日本食が皆無。
唯一「miso soup」があるのですが、それが 素味噌汁?とでも言うのか、具が全く入っていない正真正銘の味噌汁。
せめて、わかめとお豆腐くらいは入れて欲しかった・・・。
そんなお味噌汁でも姫は「美味しい・・・」といいつつお代わりをしていましたが、やっぱりお米が食べたいらしく
「早く中国に帰ろうよ。かえってご飯(お米)とイカ焼き食べよう!」
と、しきりに言っていました。

彼女の中で中国=イカ焼き=和食!?
すこーしズレているのが気になりますが・・・。笑


この日は初めてオプショナルツアーに参加しました。
「マングローブ・リバークルーズ」です。

マレーシアのジャングルは非常に歴史が古いらしく、地球上でも最も古いジャングルが残されているらしいのです。
また、マングローブの林もしかり。

野生の動物も見ることができるかも!?

こんな事を事前に聞いていたので嫌が上でも期待は高まります。
私のイメージ的には
「水曜スペシャル」の「川口弘(だったっけ?)のジャングル探検」

ドキドキしながら船着場に行ったら・・・
20071011121119.jpg

う~ん。ちょっとイメージが違うかな。

もっと川幅の狭いマングローブが両岸に迫ってくるようなのを想像していたんだけどな・・・。

ともあれ、風を切るボートでのリバークルーズは気分爽快!
途中、「蟹漁体験」をさせてもらいました。
20071011121033.jpg
蟹の罠を投げ入れたところ


罠もしかけたし、再び川を遡ります。



20071011121156.jpg
おっ!マングローブ林の中に猿発見!


20071011121238.jpg
水上村


晴天だったら、川の向こうにキナバル山(標高4095m)が見えるはずが・・・
20071011122733.jpg
残念!何も見えませんでした


20071011120952.jpg
帰りに引き上げた罠の中にはちゃんと蟹さんが!


のべ1時間30分のクルーズも無事終了。
ホテルへのシャトルバスの時間まで40分あったので、その間にポタリーペインティングをして時間つぶし。
20071011123336.jpg


イメージは違ったものの、なかなか楽しいクルーズでした。


お昼は軽くルームサービスで済ませ、お昼寝の後はプールで一泳ぎ。
憂鬱な夕食の時間がやってきました。
お腹も気分も「洋食はもう結構・・・!和食が食べたい!!」だったのですが、このホテルには和食のレストランがありません。

そういえば朝食を食べるレストランのポスターに
「Japanese&Korean」と、書いてあったのを思い出したので行ってみると
「Japanese&Korean special Dinner Only Monday」
なんで月曜日だけなのよぉ・・・。

もう、他のレストランを探す気力もなくそこでまたもやビュッフェスタイルの夕食を取る事にしました。

中に入ると、なんとなーく「から揚げ風」のいいにおい。
近寄ってみると
「Soft Crab」のから揚げを実施で作っています。

なんとなく昼間見た「蟹」を思い出してしまい、少々気が引けたのですが美味しそうな臭いに逆らえず、まずは1匹。

うーん!美味しい♪
蟹なのに殻ごと食べられちゃう。
味付けも「から揚げ風」でどことなく和食チック。

このビュッフェ、大人一人70RM(約2500円)。
えーっと、元に換算すると・・・160元くらいかぁ~・・・高っ!
なぁんて、ここでも貧乏根性がむくむくと顔を出してしまい
元を取らなきゃ損だ。とばかり、蟹ばかり3匹食べてしまいました。

昼間見た蟹の事なんて100万光年彼方に忘れ去られ・・・。

大人気ない。

ビュッフェ形式だったので、姫は果物中心になんとか食べさせ、主人は相変わらずお肉系中心に食べ、私は蟹のから揚げとデザート中心になんとか食べ終わりました。

あぁ、日本食が食べたいよ・・・。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。