天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春節旅行~桂林・雲南の旅~6日目

最近、と ある事に必死で、旅行記アップが出来ませんでした。
毎日覗きに着てくださった方々、お待たせ!いたしました。
って、誰も待っていませんか?

いよいよ6日目。

今日は、麗江から大理へ車で移動です。
朝8:20分出発。
この日も朝早いねー。

姫は相変わらず食欲も元気もなかったので、主人と交代交代で朝食。
小姫は食は細くなったのものの、一応元気で一安心。
朝一番で、町の薬局に行き風邪薬を買おうと思ったのだけど、
流石に8時ではお店も開いておらず結局買うことができませんでした。
町の薬局までダッシュで往復15分。
標高2500mって事忘れてた!
久しぶりに、喉が血の味がしました・・・。←これ、分かります?

予定表によると、麗江~大理までは車で2時間の移動との事。
しかし、ガイドさんは
「3時間かかります。途中の村で休憩します。そこは、買い物できます」

ん~?
お土産買い作戦って事?
画像 682
お客より、従業員の数の方が遥に多い・・・

ここで、休憩。
何も買う物ないなー、なんて思っていたら
漢方薬のお店を発見したので、咳に良く効く薬草?を購入して、熱湯に入れ姫に道々飲ませる事に・・・。
お味は、まぁまぁ。
美味しくは無いけどねー。無いよりはいいか?

その後、山道を延々と2時間でようやく大理に到着。
結局、3時間半くらいかかりました。

ここで白族(bai zu)のガイドさんと合流。
大理は「春街」といわれるくらい、年中暖かな所。
画像 687
菜の花が咲いていました。もう春ね!

大理市には白族が多く住んでおり、白族の特徴を教えてもらいながら昼食。
白族の女性は皆帽子をかぶっているのですが、その帽子を見ただけで
「彼氏の有無、年齢、結婚の有無、子供の有無」
が分かってしまうという非常に恐ろしい帽子だそうです。
帽子には「雪・月・風・花」があしらわれており、納西族とは全く違う物でした。
納西族は、どちらかといえば素朴。
白族は、どちらかといえば繊細。 
と、言うのが私のイメージ。

その後、大理名産であるらしい藍染工場へ。

画像 683


画像 684


画像 685


画像 686
藍のお茶
買うつもりは無かったんだけど言い訳っぽい結局藍染の布を一枚購入・・・。

その後、三道茶を頂きました。
三道茶とは三つの味のお茶(苦茶、甘茶、味茶)を頂く茶道?の様なものらしく、
苦茶=青春期
甘茶=中年期
味茶=晩年   を表しているそうです。
そうか、中年期は甘いの、ね。

画像 688
苦茶を飲む小姫。美味しいですか?

画像 689
甘茶・・・中年の味?

個人的には、苦茶(あまり苦くない?)が一番美味しかったー。
やっぱ、青春期が一番ってことかな?

その後、個人的に楽しみにしていた大理三塔へ。
この日はあいにくのうす曇だったのですが、空気は暖かく、なんとも不思議な天気。
とても神秘的なお寺でした。
画像 690


画像 693
風の無い日には水面に三塔が写り、とても美しいのだとか・・・。残念です。

画像 695
奥の院

画像 696
白族のガイドさんと一緒に 

画像 694
姫は歩きつかれて途中からパパ肩車~ いいねぇー

その後、大理古城を散策しました。
大理古城内は、麗江古城とそっくり。
白族の建物で、道の両側におみやげ物屋が軒を連ねています。
画像 697

道中、綿飴を持っている子供とすれ違い
姫が目ざとくそれを発見!
しょうがないので、綿飴を探しに行く事に・・・。
やれやれ・・・。

発見!
画像 698
自転車のペダルが動力です

画像 699
姫ちゃんよ、満足かい?
小姫もご相伴に預かりました。
1歳未満時なのに、綿飴かぁ・・・・。
2人目は何でもデビューが早いって、本当ね・・・。


そして、我々はこんな物を・・・
画像 700
焼きチーズ?
お味は・・・・・・・・・・・・1回食べれば十分ですね。

疲れてはいるものの、折角来たんだから見なきゃソン!
と、貧乏根性丸出しで歩き回りました。

夕方、ホテルにチェックイン。
大理古城から車で3分。大理三塔からも程近い亜星酒店です。
大理三塔のお膝元。お寺から近いホテルだけあってか
画像 702
こんな絵が吹き抜けロビー一杯に描かれていました

今回の旅で、一番良かったのがこのホテル。
お部屋の広さはもちろんの事、設備が充実(が、誰も使っていない)
唯一ホテル内に医局があったのもココ。
夕食後、医局があることに気づき姫の薬を頂に行きました。
咳が酷いことと、今までの経緯、年齢、体重等を話し、薬を処方して頂きました。
が、咳止め3種類!!
3種類の咳止めはいくらなんでも多すぎでしょう?
それで14,8元。
安いなー。
結局、一番飲みやすそうだったシロップ状の咳止め1種類のみ使用。
天津に帰ってきてから、掛かり付けの先生に処方してもらったお薬を診て頂いたところ
「うん、いいんじゃない?良い成分が入っているよ。
ちゃんと抽出されていればのはなしだけどね」だって!
おいおい、怖い事言わんでおくれ~ 泣


その夜は、咳止めシロップが多少効いたのか、あまり咳き込まなかった姫。
やれ、アリガタヤ・・・。



明日はいよいよ最終日!
でも、予定満載!!!です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年02月21日(Thu)13:37 [EDIT]


管理人のみ閲覧OK様

何って、それはまだ内緒です。笑
えーっとね、来週中旬にはタネ明かしできると思う。
もうちょっとお待ちください~。

ポン酢 | URL | 2008年02月22日(Fri)10:37 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。