天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キョウカショノススメ

高校の日本語教師の友人に貰った、見本品の教科書。

勉強は好きではなかったけれど、読書は大好きだったので
国語の教科書は直に読んでしまった学生時代。

最近改めて、高校の現代文の教科書を読んでみると
高校時代とは違う読み方が出来て楽しいです。

梶井基次郎の「檸檬」も
高校生のときは ?????????ってな感じでしたが、
今読んでみると共感できる部分があったり、
丁寧に書かれた日本語の美しさや表現を味わえたりと、
思わぬ発見が出来ます。

それに、教科書に載っている文章は全て選び抜かれた物。
本当に良い物が詰まっているな・・・と。

画像 788


長文はじっくり腰を据えて読みたいけれど、なかなかまとまった時間が取れないので
子供の手が離れた時に、ちょこちょこっと短文を読んだり。

高校生の時は
ただただ、寂しい詩だな、と思った漢詩。

葡萄美酒夜光杯   葡萄の美酒 夜光の杯
欲飲琵琶馬上催   飲まんと欲すれば 琵琶馬上にて催す
酔臥沙場君莫笑   酔ひて沙場に臥す 君笑うこと莫かれ
古来征戦幾人回   古来征戦 幾人か回る

この詩も、万里の長城を見て 夜光杯を見て
実際に中国に住んでみて、改めて読み直すと
よりじっくり味わうことが出来るような気がします。

年齢を重ね、経験を重ねる事により
同じ文章を読んでも感じ方が違うなんて面白いですよね。

このブログもいつまで続けることが出来るかわからないけれど、
10年後、20年後の自分が改めて読み直したとき
どんな風に感じるのかが楽しみなような、怖いような 気がします。

子供達も本が好きな子に育って欲しいな!

  
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

わー!分かります!その気持ち!
少し人生の経験が増えて、昔読んだ本を読み返してみると、あれ?こんな共感できるところがある本だったのか!と発見できてびっくり。
私も丁度今、百人一首を読み返していました。
中学校の時、百首暗記しただけだったけど、意味を考えながら読むと、なんとあの短い中に奥深い意味があるのか!と驚きで、しかも韻を踏んでいたりして、これ詠んだ人天才!とか思ったり…。

天の原ふりさけみれば春日なる
三笠の山にいでし月かも

とか、遣唐使で中国に行って、帰れなくなった安陪仲麿が三笠の山の月を思い出して詠ったとか、友達が詠ったとかなんとかで、

かわいそー!
とか激しく同情。
私も丁度この気持ちをブログに書こうと思っていたの。
漢詩も中国を知った今、前よりもう少し雰囲気が味わえそう♪読み直してみようかな~!

coupy | URL | 2008年03月25日(Tue)19:54 [EDIT]


No title

coupy様

おぉ!さすが日本語教師~。
百人一首かぁ。そういえば、私も春休み全部暗記させられたよ。
私、原文をそのまま味わえるような教養がないので、もっぱら書き下し文とかを読んでいます。
小倉百人一種も田辺聖子さんのを読んでたり。
田辺さんの訳ってすごく面白いの。
漢詩は、中国語読みで読むと雰囲気でるね。
読書っていろいろな楽しみ方があるね。
感想文とか書いておくと、10年後同じ物を読んだとき
比べられて面白いかもしれない。
いっちょやってみる?

ポン酢 | URL | 2008年03月27日(Thu)06:59 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。