天津ぐぁんじえ日記 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

娘たち

昨日は、姫ちゃん、幼稚園でお泊りでした。
姫の通う幼稚園では 寄宿制度 があります。
共働きの多い中国では平日、どうしても子供の面倒が見られない人が
この寄宿制度を利用しているみたい。
姫の通う幼稚園でも何人か利用しているんだって。

どうやらそれのプロモーションも兼ねていると思える、このお泊り。
姫はもう2、3回参加しているのであまり心配もしておりませんでしが
やっぱり、心配。
姫が帰ってくる時間になるとソワソワ。
ご飯の時間なんか小姫と2人きり・・・静かだけど・・・物足りないね。

途中先生へメールで様子を尋ねたら
速攻お電話してくださいました。
9月進級に伴い、クラスが分かれてしまったお友達と
お泊り会で再会できたようで とっても楽しんでいるとの事。

ホッと一安心。
でもちょっと寂しかったりして。


複雑ーな親心です。笑

実は、このお泊り会。
私の中ではちょっとしたねらいがあった。

9月進級で、2年強ずーっと同じだったクラスメンバーの殆どが
姫の一つ上のクラスへ行ってしまいました。
新しいクラスは、姫の元クラスメイト達が吸収合併されたような形で
担任の先生も大部分のお友達も初めて。
ここの幼稚園って、入園から卒園までメンバーの入れ替えも
先生の入れ替えもほとんどなく卒園までほぼ同じメンバー。
姫にしてみたら、すごい大きな変化だよね。

姫くらいの年齢になると女の子は仲良しさんグループが出来ます。
既存の輪の中になかなか入っていけない事もあった様で
新しいクラスになってから、泣いて帰ってくることもしばしば。

そして、一番気になったのが・・・姫の発言。
「中国語を話す子達は・・・」とか
「姫は中国語が分からないから遊んでもらえない」 等などの発言。

昔のクラスだった時にはこういう事は言わなかった。
年齢的に国の違いや、言葉の違いが判ってきたってのもあるかとは思いますが・・・。

親は心配するのよね。

・・・もしかして、日本人だからグループに加えてもらえてないの?って。
それでね、先生に聞いてみた。
園での姫の様子について。

中国語は理解していますか?(私は姫は理解していると思っていた)
お友達(特に女の子)との関係はどうですか?
日本人だから、中国人だから・・・という発言はしていますか?・・・と。


そしたら・・・

画像 001
先生からのお返事

問題点もあるものの、大部分では楽しんでいるようです。

日本に居てもきっと同じような心配事はあるだろうね。
ただし、民族意識の違いとか言葉の違いとかで悩むってのは・・・
インター(限りなくローカルに近いけど)に入れたが故の悩みだね。

私自身、経験の無い事なので泣いている姫になんと言えばいいのか分からなかった。
ただただありきたりな事しか言えなかったんだよね。

親が分からない事を子供にしろ ってのも無理な話。

今回のお泊り会で今のクラスの女の子達とより仲良くなれたらなーって思ったの。
結果的には、今のクラスメイトの女の子達は参加せず
昔のクラスメイトと再会して盛り上がっちゃったみたいなんだけどね。

まぁ、楽しかったんだったらそれもあり。

いろいろな事を(泣くことも含めて)経験して、より根は深く広く張っていくんだ!!
頑張れ!姫ちゃん!! 



さて、小姫ちゃん。

いつもだったらママを独占できない小姫がうれしそうに擦りよってきてくれたり
2人で遊んだり。

姫の時には当たり前のように2人きりで遊んでいたんですけどね。
小姫にしてみたら今まで2人きりで遊ぶ機会はなかったわけで・・・。
とっても楽しそうでした。

姫もお泊り会を楽しんでいたようだし
小姫のためにも、たまにはこういうのも良いかもね。

そうそう、小姫、いつの間にか1歳8ヶ月です。

最近ますますお喋りが増えて

「おかしゃん、おにぎじ たべたよ~」とか
「ママ ここ イタイイタイのよぉ」
「あ~キレイ、きれいねぇ 美味しそうねぇ」
「あぁ、みっきーしゃん かわいいねぇ ねぇ?ねぇ?」
「これきらい。いらないからぽいする?」

等など 姫顔負けにお喋りする小姫っち。
アイとの会話もなんとか成立しているし
一度使った言葉は即・モノにしているようです。
子供ってどんだけ頭いいんだ~?

子供には平等に接しよう!とは思っているけど。
姫は2歳で幼稚園。
小姫は2歳で日本に帰国予定なので3歳で幼稚園。
どうしても1年間のギャップが出来ちゃうんだけど。
姫と小姫が物心ついたらこの事についてクレームがつくかな?とか。

インターを経験した姫と日本の幼稚園しか知らない小姫。
同じように・・・は育たないかな?とか。


いまから先の事を考えて悩んだり楽しんだりしている私です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

幼稚園で寄宿制度ですか?
すごく驚いちゃった。
中国の教育事情って厳しいじゃないですか?
それに加えてこう言うことからも、中国の子供たちはしっかりしてるんでしょうね。
今日のを読んでて、大人よりも子供のほうがもっともっと頑張ってるんじゃないかな、って思わされました。
姫ちゃん、がんばれ~!

ree | URL | 2008年12月03日(Wed)08:55 [EDIT]


つらい経験も人間を大きくするわよ!!!
心配してるのは親だけって我が家では良くあること。
幼稚園の先生に聞くと、思ってるより順調にやってたり・・。
子供はどんどん成長していくからね、知らない間に。
子姫ちゃんとの時間も楽しんでね~!
私は末っ子との時間、上の子たちが同じ年齢だったときより接しようとしてます。今は妊娠もしてないし余裕があるってことだけど・・・。

ビリー | URL | 2008年12月03日(Wed)11:35 [EDIT]


うちの子も、やっと幼稚園慣れたとホッとしたばかりだけど、
最近また、ブルーな様子。姫ちゃんの苦悩は人事ではありません。
親としては何とかしてあげたいし、励ましてあげたいけど、
幼稚園の先生からのお便りでは、楽しんでいる様子。
ここは、見守ることにしよう…と思いました。
子どもたち、がんばってるよね。


木の葉 | URL | 2008年12月03日(Wed)13:14 [EDIT]


子育てって難しいですよね。幼稚園でのことはどうしても親では見えないこともありますしね。色んなニュースを見ては大きくなるのが嬉しいようなこわいような。環境がどうであれ子供達は同じように育つことはないと思いますよ。子供達にはそれぞれ個性がありますので。家なんて平等に環境もかえることなく育ててきたけれど大きくなるに連れて似ている中にも違いが出てくるようになりました。最近は個を大事にしてあげることが一番大切かなって思います。姫ちゃんは姫ちゃん、小姫ちゃんは小姫ちゃんってみてあげたらいいんじゃないかな。(えらそうにスミマセン!)お互い助け合って子育てしていきましょうねっっ。よろしくね。

ゆげ | URL | 2008年12月03日(Wed)19:30 [EDIT]


先日は、ありがとうございました!!
離乳食の本を沢山頂いて、早速使わせてもらってます。
調味料がどの程度までOKなのかが、
わかりやすく書いてあって、すごく便利です。
ポン酢さんが、姫ちゃんの初めての子育ての時に、
いろいろ考えながら、今の私と同じように
子育てされていたのかな・・・って思って、
勇気づけられてる気持ちになってます!!

姫ちゃんの幼稚園の事、今後我が家も間違いなく、
ぶち当たる課題なんだろうな・・・と思いながら、
読んでました。
自分が幼稚園の時って、やっぱりグループってのが
あったのを思い出しました。
女の子って、そういうのが大変ですよね。
姫ちゃん、頑張ってるなぁって応援の気持ちで
いっぱいになります。

aiai | URL | 2008年12月03日(Wed)22:27 [EDIT]


ree様

そうなんです。凄いでしょ?
0歳児の首が据わっていないうちからリトミックやら水泳やら・・・。
一人しか子供を作れないので、親+4人のじじ・ババの期待と愛情が
一身に子供に注がれて・・・。
両親が共働きってのもあるとは思うのですが、
なかなか日本ではお目にかかれない制度ですよね。
大人はいろいろな事が分かって赴任してきていますが、
子供は何がなにやら分からないままに異国暮らし。
本当に頑張っているなぁ、と思います。
ここでの経験がいつか実になってくれることを信じています。

ポン酢 | URL | 2008年12月04日(Thu)14:23 [EDIT]


ビリー様

幼稚園の先生の話も、なかなか詳しい事までは聞けないのが歯がゆいんだよね。
やっぱり母国語以外でのコミュニケーションは限界があるわ・・・。
って、泣き言言う前に中国語勉強しろ!って感じね。笑
小姫との時間も、アイがいるから甘えちゃって。
積極的に時間を作らないと、いつの間にやら幼稚園って事になりかねないわー。
まずい!

ポン酢 | URL | 2008年12月04日(Thu)14:26 [EDIT]


木の葉様

幼稚園の先生も、親の心配を増幅させないように
ネガティブな事はあまり書かないものね。
見守るだけしか出来ないのって辛いね。
でも、泣くことも必要。
ビリーさんもおっしゃっているけれど、辛い経験は人を育てる!
それを信じて一緒に頑張ろうね!!
朝が来ない夜はない(だっけ?)!!

ポン酢 | URL | 2008年12月04日(Thu)14:30 [EDIT]


ゆげ様

そうですよね。姫は姫、小姫は小姫なんですもの。
違って当然!笑
初歩的な事だって分かってはいるつもりだけど、
やっぱり比べちゃう。笑
この子達が大きくなったら一体どんな女性になるのかな?
出来ることならば、自分を乗り越えて(小さい山だから比較的簡単だと思われます)どんどん先に進んでいってほしいなぁなんて思ったり。
今のこの経験も根っこを育てているんだって思って見守ることにします。
アドバイスありがとうございました!

ポン酢 | URL | 2008年12月04日(Thu)14:34 [EDIT]


aiai様

離乳食の本、お役に立ったようでよかったです!
一人目の時には結構頑張ったかな。
二人目の時にはお味噌汁の具でした。
慣れって怖いです・・・。笑
子育ては親育てって言いますが本当ですね。
自分の事ならば何とかできるけど、子供の世界は大人が入っていけないですから、
見守ることと、フォローしてあげて自信を持たせてあげる事しかできないのが歯がゆいです。
ただ、皆さんもおっしゃっているように、辛い経験も無駄ではない・・と、思います。
温室育ちの花は弱いですものね。
荒野に咲く花・・・とまでは行かないものの、強く優しい人間に育ってほしいと思っています。
異国での子育て、頑張りましょうね!

ポン酢 | URL | 2008年12月04日(Thu)14:38 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年12月04日(Thu)17:46 [EDIT]


管理人のみ閲覧OK様

コメントありがとうございます。
この幼稚園を選んだのは、家から近かった事と当時他の選択しが無かったからだったんです。
結果的に、先生もとっても親身になってくださるし園の環境もいいし、
親の気持ち的には大満足の結果となりました。
ただし、やはり今回のようなことがあると悩みますね。
けれど、日系の幼稚園に入れても違う悩みは出てくると思うし、
何処に入れても悩みは付き物。
悩みの種類が変わってくるだけなのかな・・・とも思います。
おっしゃるとおり、辛い経験はきっと姫の糧になると私も信じています。
迷ったり振り返ったりしながらの子育てですが、自分の信じる物に向かって・・・
一緒に頑張りましょうね!!
改めてメールさせていただきます。

ポン酢 | URL | 2008年12月06日(Sat)08:03 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。